臭気測定でニオイ解消|清掃サービス活用術

レディー

リフォームをしてもらう

タイル掃除

特殊清掃のリフォーム作業について

特殊清掃とは、遺体が放置されてしまっている状態の部屋を、消臭やリフォーム作業を行い再び使用できる状態にする人たちのことです。最近は高齢者の孤独死が社会問題になっています。家族や友人が居ないために、亡くなってからも誰にも気づかれずに遺体が放置されてしますのです。人の死後、遺体を放置してしまうと1週間もしないうちから死臭が部屋中に充満し、体液が床の板を腐らせてしまいます。最悪の場合は下の階まで体液が伝ってしまうことあるでしょう。特殊清掃ではこうした状態の部屋を、リフォームすることが可能です。汚れてしまっている部分を解体し、床や壁を綺麗に工事してくれるのです。特殊清掃というと、遺品整理や遺体の処理だけだと思いがちですが、こうしたリフォームも依頼することが可能です。また、リフォームを依頼する時は、知識や経験のある業者を選ぶことが大切です。

知っておきたい料金相場

特殊清掃の基本的な料金形態は「消毒代+遺品整理作業代+消臭代+リフォーム料金」となっています。この4つの作業代金を合算して支払いの代金になるのです。まずは消毒代ですが、これは感染リスクのある中作業をしつつ、薬品を使ったりするので一番危険な作業になります。業者によっては、この作業に10万円以上かかる所もありますが、それだけ丁寧に作業を行っているのでしょう。消毒の平均相場としては5万円〜7万円程の料金が多いようです。次に遺品整理の料金ですが、これは処分品の運搬費と処分費が基本となります。一般的な1人暮らしの人の荷物の量を例に挙げると、約13万円程が相場となります。消臭は薬品代と人件費になりますので、死臭の度合い×消臭に必要な日数という計算になるでしょう。最後にリフォーム代ですが、壁紙と床材+人件費という形態になるでしょう。状態によっては解体作業が必要な場合もありますので、その場合はその文がプラスして加算されます。