臭気測定でニオイ解消|清掃サービス活用術

笑顔の女性

見積もりの依頼

道具

特殊清掃では死体のあった部屋やゴミ屋敷などを主に行なっており、消臭や消毒も行なってくれます。また、依頼をする際は事前に見積もりを出してもらうと料金を知ることが出来ます。

View Detail

リフォームをしてもらう

タイル掃除

特殊清掃は消臭や消毒だけではなく、リフォームを行なってもらうことが出来ます。そのため畳の張替えから解体工事など、大きな作業も請け負っているので綺麗な状態にしてもらうことが可能です。

View Detail

綺麗にしてもらう

窓掃除

清掃の必要性について

特殊清掃の必要性というものは、どの程度のものなのか、なかなか知られていません。そもそも特殊清掃とはどのような仕事内容を指すのかということも周知されていない状況です。そのため、ここでは、そうした点に触れて少しでも特殊清掃の知識を身に付けていただければと思います。まずは、特殊清掃業務についてです。これは、遺体の処理とその遺体があった場所のクリーニングがメイン業務です。クリーニングとは臭気測定を行ない消臭や消毒、通常の清掃業務を指します。臭気測定ではどのくらいニオイがきついのかを測ることができ、臭いを改善していくことが出来るでしょう。次に、特殊清掃の必要性についてです。現在の日本では、自殺と孤立死の数は、日本全国で年間10万人近くといわれています。ゴミ屋敷の数も1000軒につき5軒から6軒といわれています。したがって、特殊清掃のニーズは決して低くはありません。

特殊清掃員の数について

特殊清掃員の数は現状ではどのくらいいるのでしょうか。前述したとおり、孤立死や自殺の数は年間で約10万人です。ゴミ屋敷も全体の屋敷の0.5%前後です。したがって、特殊清掃業務の必要性は高いということができます。それでは、日本全国にどのくらいの作業員がいるかというと、わずか1500人を数えるくらいしかいないのです。これは、非常に少ないといわざるを得ません。今後、高齢化がますます進むことは必然的な事態です。

益々増える利用者

拭き掃除

特殊清掃とは、賃貸住宅などで孤独死、自殺、事故等の遺体が長く放置されるなどして通常の清掃では現状が回復できないといった場合に行われる清掃です。高齢化社会となっている今、今後も利用者は増えると予測されます。

View Detail